体臭が臭くなる食べ物

いつも食べているかも?体臭が臭くなる食べものとは?

体臭を気になる女性

 

 

体臭は体の外側だけでなく、体の内側から発生して汗腺
から出てくる場合もあるので、当然食べたものの影響を受けます。

 

 

いつも何気なく食べているものが、体臭が臭くなる食べものかもしれません。

 

ただ、どんなものが体臭が臭くなる食べものなのでしょうか?!

 

 

欧米人は日本人よりも体臭がきついといわれていますが、
それは欧米人が体臭が臭くなる食べものばかり食べているからです。

 

体臭が臭くなる食べものの代表が肉類や乳製品です。

 

 

体臭は皮脂や汗が原因で発生します。

 

肉類や乳製品は脂肪分が多く、脂肪の過剰摂取は
皮脂分泌を活発にして、体臭の原因となります。

 

 

また、肉類や乳製品は腸内環境を悪化させることも
体臭が臭くなる食べものである理由です。

 

 

腸内環境が乱れると、悪玉菌が増えてアンモニア、インドール、スカトールなどの
臭い物質を作りだします。

 

これらは腸壁から吸収されて血液に入り、全身を巡って汗や
呼気として排泄されます。汗から排泄されれば、臭い汗になって体臭を悪化させるのです。

 

 

いくらデオドランド製品を使用したり、体を清潔に洗っていても、体臭が臭くなる
食べものを食べていては効果が期待できません。

 

まずは普段食べているものを見直してみましょう。

 

 

外食やコンビニのお弁当になると、どうしても肉類の摂取が多くなってしまいます。
肉よりも魚の方が体臭が発生しにくいので、選べるときは魚を
選ぶようにすると体臭予防になります!